即日融資の限度額ってどのぐらい?

即日融資の限度額は当然、各金融会社が提供する融資商品により異なります。

例えば「4.7%~18.0%」の金利で「融資限度額500万円」の即日融資商品を提供している場所もあれば「6.3%~17.8%」の金利で「限度額300万円」の即日融資を提供する場もあります。

中には「限度額800万円」で「3.5%~14.8%」の低金利の即日融資を提供する融資会社もありますので、即日融資はいずれにしても色々なチャンスやピンチの際に利用出来る便利な融資商品だと思います。

即日融資商品は、最低でも300万円の限度額で最高だと800万円の融資商品もありますから、低金利で負担なく利用出来るが審査時間がかかり融資機関や審査の厳しい融資機関よりも利用のしやすいものではないかと考えます。

いずれにしても各融資会社で提供する即日融資商品の限度額は、どれも幅広いニーズに対応できる融資商品となりますが、こうした即日融資に申込みを行うと誰でも最高限度額が利用出来るわけではありません。

大体即日融資商品は、何らかの目的があり収入証明等の提出を行う申込み以外には「50万円以上の限度額を設けない」ようになっており、初めての即日融資申込の場合なら属性レベルの高い方で「50万円前後の融資」となる以外は「10万円~30万円前後」が一般的な即日融資に伴う限度額となります。

仮に即日融資を消費者金融業者で申し込む場合は、年収の3分の1以内の範囲で融資が決められますし、職業等の情報を元に属性レベルがつけられ融資額が決定されますので、年収300万円の方なら「300万円÷3(3分の1)=100」となり、100万円の範囲内で融資額が決められます。

しかし、年収の範囲内で100万円までの融資枠がまずあるとしても、他での借入状況や借入額、その他の条件も総合的に見て申込者の返済出来る範囲内で融資額が決められますので、300万円の年収の方に対する融資限度額が必ず100万円にはなりません。

消費者金融業者の場合では、50万円以上の融資には収入証明の提出が必要となりますので本人があえて収入証明の提出をして50万円以上の融資を希望しない限り、その場合の融資は50万円の範囲内で決定されます。

思わず手を伸ばしてしまったキャッシング

キャッシングなんて返済が大変だしカードなんて作らないぞ!と思っていましたが・・・

2年前に子供を一人で育てる環境になり、まだ始めた会社のお給料にも納得できない額。

子供にもお金がかかる時期だったので思い切ってフクホーでカードを作ってしまいました。

始めは使った分を翌月にそのまま返してはいましたが、少し余裕が出てきたころ、自分のほしい物が重なってしまい「また返せばいいかぁ」なんていう考えからついついキャッシング。

そして分割を選択し、毎月の返済も楽々だった為にその後何度か使用。

おまけに覚えたてのギャンブルに少々はまってしまい、マイナスになった時はこれまたすぐにお金を引き出しに行ったりして・・・

月に4000円からの返済が知らぬ間に限度額近くまで引き出してしまい月に2万円の返済になっていました!

あぁ~これからはお買い物をひかえなくちゃなぁと思っていた矢先に1本のお電話。

もうすぐ満額使うことになりますが、毎月の返済も遅れていないので枠を増やしませんかというもの。

実はお給料から返済が難しい月にキャッシングからキャッシングの返済をしていることもあったので、それは枠が増えると助かっちゃう!と思い即座に返事をしてしまいました。

審査もすぐに通り更に10万円の枠が増えました。

それを期にまた安心感からかちょくちょく引き出してはお買い物。

返済が難しいときはキャッシングから返済。

気がつけば返済が減らないままの悪循環になっている現在です。

今はキャッシングも手軽にコンビにでもできるし普通に人目を気にせず24時間引き出せちゃう環境。

すぐに手元にお金ができちゃうので借りているお金なのについつい自分のお金だと錯覚しちゃいがちです。

審査もすぐにできちゃうし、ある場所ではカードを作るだけでお得なサービスやポイントが作れたりします。

でもその甘い誘惑でカードを作っちゃうと急なときのお手軽さに負けます。

もし必要なときは返済の金利等も確認して計画的に使うことをお勧めしますね。

ノーローンの裏活用法

新生銀行系のキャッシングカードにノーローンがあります。これは毎月1週間無利息でキャッシング利用できるのが売りのカードローンです。

このカードは、たとえば給料日前の緊急時に使うのがもっとも上手な使い方でしょう。はっきり言って、金利や利便性は他のカードに比べ、あまりよいとは評価できません。しかし、無利息サービスは唯一無二の魅力ですから、この長所を徹底的活用するのが、消費者の立場としては正しいのです。

では、このカードの使い方というのはそれだけでしょうか?たとえば、長期ローンをかかえているような方は、このカードを長期に使うとかえって金利が高くなるから使わないほうがはいいのでしょうか?

そんなことはありません。実はよい使い道があります。ただしちょっと面倒ですが。

たとえば銀行系や信販系など、ある程度金利の低いカードを常にかかえているローン用とします。そして一ヶ月に一度だけ一週間ノーローンで全額借り換えればいいわけです。

おわかりでしょうが、それだけで金利は4分の1縮むわけです。たとえば、30万円を某カードで年金利15%で借入続けるとします。すると、1年に必要な金利は45000円です。ところが、さっきの裏技を使えば、金利は33750円ですみます。なんと、11250の差です。

ただし、ノーローンを使うときは注意しないといけません。すなわち手数料がけっこうかかる場合がけっこうあるのです。

借りるときは口座手数料やATM使用料などがかからない銀行口座にパソコン手続きで振り込んでもらうか、近くにレイクのATMがある場合はそこで出金し、返済するときは、やはり手数料の一切かからない銀行でリアルタイム返済をネット手続きを使ってするのです。レイクのATMは返済でも無料で使えますから、近くにあるときや、ついでがあるときは使えばいいでしょう。

ネット上で作業して、買い物ついでに近所の銀行ATMでちょっと作業すれば1万円もうかるのですから、ぜひやってみたい裏技ですね。

気になるカードローンの特集がこちらに掲載されています。カードローンランキング

銀行のカードローン

現実問題として今まで何の問題も無くクレジットカードのショッピング枠を使っていた人が、70歳に成った途端に「明日からクレジットカードは使えません」と言われるのは非現実的ですしビジネスチャンスを逃すことにもなります。

また、高齢者ほど金融資産を持っていることも事実です。

従って、クレジットカードはカードローンよりも年齢制限には寛容なのです。

その結果、クレジットカードのキャッシング枠にも年齢制限はありません。

一方、プロミスの借入条件を見てみますと貸付期間は最長6年9ヶ月で、対象者は満20歳~69歳の安定した収入と返済能力のある人となっています。

従って、プロミスは高校卒業で就職した年齢である18歳~19歳にはカードローンの発行を認めていませんが、年齢制限の上限は69歳と消費者金融会社では最も高い年齢制限を設定しています。

一般的に銀行のカードローンや消費者金融会社のカードローンは、60歳~65歳の上限年齢制限を設けています。

その様な中で退職年齢が60歳から65歳に移行しつつある現在に於いては、カードローンの年齢制限の上限を69歳に設定しているプロミスは考え方が先進的とも言えます。

また、消費者金融会社で年利制限に寛容な会社は、社内の審査体制や与信管理が整備されている会社と言えます。

 

プロミス借入の年齢制限

一般的にカードローンの年齢制限の幅は18歳~69歳となっています。

この幅の中で18歳から65歳とか、20歳から65歳などと決められている訳です。

カードローンの年齢制限が18歳や20歳からなのは、高校卒業で就職した場合は18歳から収入を得ますし20歳は成人を意味するからです。

また、年齢制限の上限は65歳~69歳が一般的ですが、これは年金受給年齢とも関係しています。

また、最近の年金受給年齢の段階的引き上げの結果、企業の退職年齢を65歳まで引き上げる動きが活発になっていることも関係していると言えます。

一方、クレジットカードの年齢制限はカードローンよりも寛容です。

現実問題として今まで何の問題も無くクレジットカードのショッピング枠を使っていた人が、70歳に成った途端に「明日からクレジットカードは使えません」と言われるのは非現実的ですしビジネスチャンスを逃すことにもなります。

クレジットカードもキャッシングカードもどちらもほしい人はアコムのマスターカードがどちらも使えて便利ですね!

プロミスキャッシングは主婦でもOK?

プロミスキャッシングは、申込み後審査が可決して契約したと同時にポイントサービスに登録する事により、利用に伴いポイントもついて「30日間無利息サービス」でキャッシングがお得に利用できます。

ポイントサービスに関しては、まずお申込み時に詳細を確認し登録する事がお勧めですが、いずれにしてもプロミスは利用する事によりポイントも色々な特典に変えられて「30日間無利息」でキャッシングが出来るため「給料日までちょっと借りたい‥」という場合のキャッシングなら無利息でお金が借りられる大変お得なキャッシングという事なのです。

そのため女性にも大変人気で、利用しやすいと好評なプロミスですが、プロミスには女性のための女性専用ダイヤルも設けられているので、不安なく利用出来ますし、申込においても相談しながらの申込みが可能となっています。

そんな利用しやすくお得なプロミスは勿論主婦の方のご利用も可能です。

また、女性で尚且つバイトや派遣をしている方の利用も可能となり、いずれの場合も安定、継続した収入がある事によりお借入は可能となります。

つまり、プロミスの借入は、収入がある方ならどなたでも利用できるので、主婦は勿論学生さんもバイト等をして毎月収入があれば問題なく利用できるのです。

しかもプロミスなら30日無利息サービスも設けられているので、上手に使えば利息もかからずにキャッシング出来ますから、大変お得で便利なキャッシングになると思います。

ただし、専業主婦で旦那様のお給料だけが収入源という場合の申込みは、一般に厳しい傾向で配偶者の承諾書等を提出したり、配偶者の収入証明等を提出する事により借入出来る場合もあります。

ですが、そうした場合、金融業者側にも手続きにかかる費用や手間がかかってしまうため、プロミスをはじめ大手消費者金融業者では、仕事を持たない主婦の借入れが難しくなっています。

つまりプロミスのキャッシングは当然主婦の方も利用出来ますが「収入のある主婦のみ」借入可能という事になり、収入のない主婦の方の借入は現状として少々厳しいと考えられるのです。

 

 

プロミスキャッシングでの主婦の限度額はどのくらい?

プロミスキャッシングは、主婦の方は勿論学生の方もバイトの方も派遣の方も利用できます。

プロミスでは「安定&継続した収入」がある方で20歳以上69歳以下の方ならどなたでも利用できます。

しかもプロミスでは、女性専用ダイヤルが設けられているので、女性でも気軽にキャッシングが出来るのですが、主婦の方がプロミスキャッシングを申込む場合、どのぐらいの融資限度額が設定されるか?気になるのではないでしょうか。

やはりお金が必要な時は少しでも融資枠をもらえると大変助かるものですから、融資額というのは女性でも借入したい場合は気になるところですが、一般にプロミスでは主婦の方をはじめ女性のご利用の際の限度額は「10万円~20万円前後」が多いと思います。

そもそもプロミスキャッシングの限度額は最高「300万円」という事になっていますが、初回のご利用の場合は、女性に限らず男性も同様に最高額の融資額を設けられることはありません。

勿論使い道により、収入証明を提出して尚且つ審査で50万円以上の融資審査が可決する事により50万円以上の融資は受けられますが、最高限度額を設けられる事はそれでもあまりありませんので、初回の申込みの限度額は、主婦の方であれば最高の場合で30万円前後と考えておけば間違いないと思います。

そもそもプロミスをはじめ消費者金融業者では収入に対する限度額の設定という事になり、貸金業法でも年収の3分の1以内の融資しか認められていませんから、主婦の方の年収が120万円の場合は、その3分の1が40万円となりますので、その範囲内で限度額が設定されるようになっていますし、初回利用の場合は、おおよそ20万円前後が妥当な融資額だと思います。

主婦の方に限らず、プロミスでは初回の申込みにおける限度額は50万円以内で設定され、女性の場合も男性の場合も収入に対する3分の1の融資額となりますし、最初の利用は低く設定される事が多いですが、利用状況に伴い限度額はあげられる事になります。